スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はしかのワクチン追加接種低迷

はしかのワクチン追加接種低迷 対策会議「残念」

 厚生労働省のはしかの流行防止に関する対策推進会議が9日開かれ、13歳と18歳を対象にしたワクチン追加接種について、昨年度の接種率は目標の95%を下回り、13歳が85・1%、18歳が77・3%だったことが報告された。 >>続きを読む

 はしか感染が原因で、まれだが意識がなくなり運動機能に重い障害が出る亜急性硬化性全脳炎(SSPE)という病気になるという。これは接種を受けておいた方がよいだろう。

スポンサーサイト

高齢者施設で10人胃腸炎

高齢者施設で10人胃腸炎 新潟・長岡

 新潟県長岡市のデイサービスセンター「かつぼ園」で、70~80代の利用者6人と、職員4人が吐き気や下痢などの症状を訴えたことが26日、分かった。運営する社会福祉法人長岡東山福祉会によると、感染性胃腸炎とみられる。>>続きを読む

 10人は21日から24日にかけて発症した。いずれも症状は軽く、快方に向かっているらしい。

【新型インフル】高校生らカラオケボックスに列

【新型インフル】高校生らカラオケボックスに列 店長は困惑

 大阪、兵庫の多くの小中学校、高校などが休校になった18日、関西の繁華街では平日にもかかわらず、カラオケ店に高校生らが殺到。外出を控えるよう求められていたが、生徒らの本音は「家ではやることがない」。>>続きを読む

 これはひどい...んだけど、まぁ我慢なんて出来ないよな。高校生はネットに親しいだろうから「罹っても大丈夫」ぐらい思っているかも。学校が山ほど課題を出して半強制的に家に縛り付けるとかかなぁって、そっちのほうがひどいかぁ~

中国本土で初の新型インフルエンザ感染を確認

中国本土で初の新型インフルエンザ感染を確認

 [北京 11日 ロイター] 新華社は11日、中国本土で初めて新型インフルエンザ感染が確認されたと報じた。患者は四川省南西部の男性。新華社は衛生省の情報として、「本土で初めて確認されたH1N1型インフルエンザのケースだ」と伝えた。>>続きを読む

 30歳になるこの男性は現在、成都の病院で隔離治療中で、接触のあった人も隔離されているようですよ。

新型インフルで過剰反応“診察拒否”

新型インフルで過剰反応“診察拒否”

 新型インフルエンザ感染の疑いが少ないのに、発熱などを訴える人が医療機関で診察を断られたとして「発熱相談センター」などに届け出たケースが、判明している東京都以外に少なくとも6県1政令市であることが7日、共同通信の調べで分かった。>>続きを読む

 東京都では同日までに212件に上り、医療現場に新型インフルエンザをめぐる誤解や過剰な反応が広がっていることが浮き彫りになった。厚生労働省は6日、都道府県を通じて医療機関などに適切な対応を求める通知を出している。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。