スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北水研の観測機器、石狩で15年ぶり発見

奥尻から250キロ漂流? 北水研の観測機器、石狩で15年ぶり発見

 【釧路】独立行政法人・水産総合研究センター北海道区水産研究所(釧路市)が一九九二年、奥尻島沖に設置した観測機器が今年二月、石狩市の海岸で見つかっていたことが二十七日分かった。>>続きを読む

 機器は水温と水深の変化を測るもので、「磯焼け」の研究のため、奥尻島の北西沖約百七十キロに設置された。データを見るため、二度にわたり引き揚げようとしたが失敗、回収を断念していたものだ。見つかって良かったねぇ。

スポンサーサイト

comment

Secret

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。